リフォームとよく似た言葉でリノベーションという言葉があります。この二つの言葉は混同して使われがちですが似て非なるもので明確な違いがあります。

リフォームとは古くなった建物や住居空間を元の状態に戻すことを意味します。


賃貸住宅でいえば退去時に元の状態に戻す原状回復がこれに当たります。



例えば汚れてしまった部屋の壁紙の張替え、古くなったキッチンや浴室、トイレの設備の交換、外装の塗替えなどがリフォームに当たります。

対してリノベーションは建物や部屋に今までになかった機能を加えたりして価値を高めることを指します。
例えば部屋のデザインや外装、間取りを一新しておしゃれなイメージを持たせたりすることがこれに当たります。

近年はリノベーションが注目を集めています。



工事の規模は大きくなりますがリフォームに比べ自由度が高く自分の好みやニーズに合わせて設計できるからです。

新たに立て直すよりも費用が少なくてすむという経済的なメリットもあります。

新築物件を購入するよりも中古物件を購入してリノベーションするほうが安くすむ場合も少なくありません。


また賃貸物件にしても古くなって入居者が集まらなくなってしまったため建てなおすよりも現代風にイメージを刷新して入居者を募るほうが費用はかかりません。

一方デメリットもあります。
元の建物があまりにも古い場合は耐久性や耐震性に問題があったりします。



また工事の規模が大きいため住居と平行して工事を行うことが難しいため一定期間別の住居を用意する必要もあります。

これらメリット・デメリットをよく理解してリノベーションを検討することが大切です。